ゲンキウコン 二日酔い情報 二日酔いによる頭痛に

二日酔いによる頭痛にお悩みの方へ!頭痛を治す方法とは?

 

二日酔いによる頭痛にお悩みの方へ!頭痛を治す方法とは?

 

お酒の席はとても楽しいものですよね。

 

しかし、翌日に頭が痛くなってしまうという方はいませんか?思い切り飲みたいけれど、その後にやってくる頭痛の心配があると楽しく飲むことができませんよね。

 

また、お付き合いの多い方の場合、頭痛の心配はもっと深刻ですよね。

 

お酒を飲んだ翌朝のだるさや頭痛に悩まされている方は多いと思います。

 

ここでは、お酒の後の頭痛を治す方法についてご紹介したいと思います。

 

 

飲んだ翌日に頭痛になる原因は?

 

飲んだ次の日もスッキリしたい方へ!人気のサプリメントランキングのご紹介

 

飲んだ翌日に頭が痛くなるのはなぜでしょうか。

 

アルコールが体の中でどのような働きをしているのでしょうか。その仕組みを見ていきましょう。

 

アルコールは体内に入ると、胃で約20%吸収されて、腸では約80%吸収されます。

 

そして血液に入って肝臓に行き、アセトアルデヒドという物質に分解されます。

 

このアセトアルデヒドという成分こそが、飲んだ翌朝のだるさや頭痛の原因とされています。

 

そしてこのアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きにより酢酸に分解されます。

 

さらにアセチルCoA合成酵素の働きにより、水と二酸化炭素に分解されて尿となり排泄されるという流れになります。

 

これがアルコール代謝のメカニズムです。

 

頭痛の原因とされているアセトアルデヒドは、体の中から取り除くことはできません。

 

そこで、できるだけ早くアセトアルデヒドを分解することが大切なのです。

 

これにより、頭痛のつらさも抑えられるということですね。

 

また、このアルコール分解の過程で不可欠なのが水分です。

 

アルコールを分解しようと体が働くことにより、脱水状態となります。

 

この脱水状態が頭痛を引き起こす原因なることもあります。

 

飲んだ翌朝は喉がとても乾いていることがありませんか?

 

これは体が頑張ってアルコール分解をいたからなのですね。

 

 

飲んだ翌朝の頭痛を和らげる方法は?

 

ウコン

 

アルコールが分解されるとできるアセトアルデヒドが頭痛の一因であること、そしてその分解による脱水症状が頭痛の原因になり得ることがわかりました。

 

飲んだ翌朝の頭痛のつらさを軽減するためには、まずアルコールの代謝をスムーズにして、アセトアルデヒドの分解を早めることが大切なのです。

 

そのために効果的なのがクルクミンという成分です。

 

アルコールの代謝を手助けしてくる効果があるのです。

 

そしてこのクルクミンが豊富に含まれているのが「ウコン」なのです。

 

飲む時の対策=ウコンというイメージが定着しているのが、このような理由があるのです。

 

また、飲んだ後の頭痛を抑えるためには、アルコール分解による脱水症状を防ぐために、水分を摂ることが大切です。

 

お酒と一緒のタイミングで水を飲むのが最も効果的と言われています。

 

また、飲む前、飲む後にも水を飲むと良いでしょう。

 

アルコール分解による脱水症状を防いで、頭痛の辛さを軽減したいですね。

 

 

以上、飲んだ翌朝のつらい頭痛の原因、その辛さを和らげる方法についてご紹介してきました。

 

アルコールの代謝をスムーズにするために、「ウコン」は期待できる成分です。

 

また。脱水症状を防ぐために水分摂取をすることも効果的です。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

(記事はここまで)